夏休みの宿題をためずに終わらせる2つのコツ

世界算数ナビ vol.2

LINEで送る

みなさんこんにちは!
世界算数ナビ担当のMATSUです。

学生の皆さんは夏休み真っ盛りですね。
海に山にお祭りに花火大会にと、沢山の予定を楽しめていますか。
でも忘れてはいけないのが宿題です。
計画的にやらないで放置してしまうと後半で一気にしわ寄せがきてしまい、せっかくの休みがフルに楽しめません。

そこで今回は『夏休みの宿題をためずに終わらせる2つのコツ』を提案してみたいと思います。

・1つ目のコツ=スケジュールを組んでみよう

宿題攻略の1つ目のコツは「スケジュール表を作ること」です。
夏休み序盤にいつまでに宿題を終わらせたいか目標を立てて、
そのためにはいつまでにどの科目や課題をどんなスケジュールで終わらせたら良いか、書き出してみましょう。
その際に、休み後半は全て遊びの時間に充てられるように3日で全部終わらせるなど、
ハードなスケジュールを組むのではなく、
あくまで無理のないスケジュールを組むことが大事です。
余裕をもたせた、細かすぎないスケジュール作りをするのも大切でしょう。

・2つ目のコツ=時間割を組んでみよう

2つ目のコツは、「時間割を組むこと」です。
例えば毎朝8時30分から算数を30分取り組む、
そのあとは別の科目に取り組むというように時間割を組んでみましょう。
ちなみに朝イチに算数をやるのは脳の活性化にも良いと言われているのでおすすめです。

・大切なのはスケジュールを組んで取り組むこと

夏休みの宿題をためずに終わらせるのに絶対的に楽な攻略法はありません。
大事なのは無理のないスケジュールを組み、
決まった時間に毎日コツコツと取り組むことです。
これって大人の仕事の進め方にも共通していますね。
宿題をためずに終わらせるための計画を組む際に使われている思考回路は、
5つの思考回路のうち『リバース回路』です。

(世界算数にチャレンジしてみよう!〜ノック回路編〜)

〈解法のPoint〉どの人がうそをついているか仮定して考えてみよう

答えが分かったら、こちらで確認してみましょう。