第1回 KOOV 青少年イノベーションチャレンジ 中国大会が北京から開幕!

プログラミングが子どもたちの未来の翼になる

LINEで送る

2017年12月23〜24日、中国児童センター、中国次世代教育基金会、中国児童成長センター、Sony (China) Limited、上海校外宝などが主催者となる第1回KOOV青少年イノベーション・チャレンジ—北京決勝戦が中国児童センターで開催されました。Sony (China) Limitedの董事長兼総裁、高橋洋さんが応援スピーチをしたと同時に、中国児童センター教育活動部副部長であるMa Jingさん、次世代教育基金会の理事長及び上海校外宝代表取締役であるChen Yongさんも選手たちの応援に駆けつけてくれました。

Sony (China) Limitedの代表取締兼CEO、高橋洋さんの応援スピーチ

この大会は2018年1月まで中国各所で行われ、北京・上海・広州の20以上の小学校の参加者を集めています。KOOV のブロック組み立てやプログラミングを通じて、好奇心やクリエイティビティを身に付ける、その結果として総合的な能力が向上していくことを目的としています。「勝ち負けを目的とした大会と違って、KOOV 青少年イノベーションチャレンジはプログラミングやロボット組み立てを好きな人のために、交流や実践体験のステージを作りたいです」。高橋洋さんはそう参加者に伝え、「組み立てのテクニック、プログラムの厳密さと最後のプレゼンテーション、どちらも素晴らしかった」と予選作品を高く評価していました。

中国次世代教育基金会の理事長である Chen Yong さんは、ソニーの教育への取り組みに「愛心企業賞」を表彰して、この大会が子供たちのプログラミング教育を推進すると評価している。

Chen YongさんとZhao Weiさん

Sony (China) Limited 教育事業部部長である Zhao Wei さんが大会の選考基準などを説明しました。大会は低学年個人戦、低学年団体戦、高学年個人戦、高学年団体戦に分けられ、それぞれの課題は「スマートホーム」、「スマートシティ」、「山越え」、「緑の城—ゴミの分類」でした。


まずは低学年個人戦。参加者たちは想像の限界を超えて、赤外線フォトリフレクタなどのパーツやブロックを上手に使って、たくさんの素敵な作品を作り上げてくれました。「防爆塗装ロボット」「監督型卓上ランプ」「掃除ロボット」「ソーラー風車」などの作品は一気に大会委員会の心を掴みました。

個人の創造性やプログラミングスキルが評価された個人戦と違って、午後の団体戦では、チームのコーディネーションも重要となります。2〜3人のチームを組んで、議論しながら組み立て方法を決めて、最後はプログラミングで指令を出していく。「山越え」では、障害物を避けるために、グループのデザインとプログラミングのロジックがとても重要となります。少しのミスでも失敗するかもしれません。しかし、挑戦者たちはすぐれたチームワークで、全員が課題を仕上げた際には拍手が巻き起こりました。

競技中の挑戦者たち

各チームの担当となった先生も子供たちの試合を見ながら感心していました。試合後のインタビューで、北京建華実験学校チーム担当の先生はこう言っていました。「この大会で、勝ち負けは重要ではない、一番重要なのは、子供たちの学習成果を検証した上、プログラミングに対する興味をひく事です。そして簡単な組み立てから高レベルのプログラミングまで、子供たちの想像力やロジック思考回路はきちんと鍛えされてきました。例えば今日の試合で、彼たちはより素晴らしいロボットを組み立てた上で、サーボモーターも使いこなしていました」

個人戦の挑戦者たちの作品が並んでいく

挑戦者が次々と作品を完成させて、低学年個人戦と団体戦が終了しました。個人戦32人の挑戦者のうち、1等賞6人、2等賞10人、3等賞16人、団体戦では、1等賞13チーム、2等賞、3等賞それぞれ9チームとなりました。

「渔夫的比特世界」が団体戦の1等賞


KOOV 青少年イノベーションチャレンジは、10月エントリー以来、多くの注目を集め、学校からのサポートも得ながら開催を行いました。オンラインでの予選では、挑戦者者たちは存分に想像力を発揮して、日常生活で良く見られるモノをスマート化し「スマート映画館」「スマートドア」「スマート障害物回避車」などの作品を作り上げていきました。

広州と上海では今月の30日と来月の6日にそれぞれ決勝戦を行います。そして北京・上海・広州の優勝者たちは、2018年2月の RoboRAVE アジアロボットコンテストに参加する予定もあります。

“Play. Code. Create”。これは、ソニーグローバルエデュケーションの発展ビジョンであり、次世代の成長へのコミットメントでもある。 KOOV 青少年イノベーションチャレンジは、より多くの若者に好奇心や創造力を発揮できるステージを提供し、プログラミングロボットの知識を豊かにし、将来のより良い教育プログラミング学習の基礎を築いていきます。