じゆうせいさくコンテスト「芸術の秋(げいじゅつのあき)」結果発表

10月は創造性豊かな作品がたくさんエントリー!

LINEで送る

『ロボット・プログラミング学習キット KOOV(クーブ)』には、アプリ内でユーザが自由に作品を公開できる「じゆうせいさく」機能があります。
じゆうせいさくコンテストは、この機能を使ってユーザが公開した作品から、テーマに沿った作品を選出、表彰するコンテストです。
第16回じゆうせいさくコンテストのテーマは「芸術の秋(げいじゅつのあき)」。10/1-10/23の期間で作品を投稿いただきました。

https://www.koov.io/notices/135

今回もたくさんの力作の投稿、ありがとうございました!

厳正な審査の結果、受賞作は下記の作品に決定いたしました。

受賞作品

金賞 ~芸術の秋~光のアート2
プレイヤー: みっちー さん

銀賞 フランケンシュタインです
プレイヤー: ずこうだいすき さん

銅賞 ダンスパーティ
プレイヤー: 九宇部 教授 さん

審査総評:

「芸術の秋」というテーマは「ブロックのみでも参加しやすいように」というねらいで出題されたものでした。しかし集まった作品は、審査員の予想をはるかに超え、様々な手法をつかっており、まるで現代アートの芸術祭のようでした。
今回のテーマは、アートが題材で幅の広い課題ですが、いつものように「物事を順序立てて説明する」こと、さらに失敗を恐れず「考えたことを試す、実践する」ことを意識すると作品が作りやすくなると思います。
金賞の「〜芸術の秋〜光のアート2」を例にすると、1作目ではLEDの光をブロックに当て壁に影を投影するところから始まり、2作目ではブロックを回転させ、プログラムによってより複雑な影を投影しています。これにより2作目は光を当てられて闇に浮かび、壁に移った影の形は常に変化し、感情を揺さぶるものを内包している作品へと仕上がっています。
今回はアートの課題でしたが、プロブラミングを考える場合でも「まず試すこと」によって解決に向かう場合も多くあります。「考えたことをまず試す!」という習慣をつけると、より完成度の高い作品が作れるので是非試して欲しいですね。

チーフロボットデザイナー・イラストレーター
宮代 宇穂

入賞したみなさま、おめでとうございます!
入賞作品はコンテスト終了から一定期間「じゆうせいさく」のトップにて表彰していますので、コメントや「いいね」で盛り上げてくださいね。
またFacebookでも入賞作品をご紹介しています!
次回のテーマは、KOOVアプリ内及びKOOV公式サイトでお知らせしています。
次回もたくさんのご応募、お待ちしております。