じゆうせいさくコンテスト「ゆる楽器を作ろう」結果発表

LINEで送る

『ロボット・プログラミング学習キット KOOV®︎(クーブ)』には、アプリ内でユーザが自由に作品を公開できる「じゆうせいさく」機能があります。
じゆうせいさくコンテストは、この機能を使ってユーザが公開した作品から、テーマに沿った作品を選出、表彰するコンテストです。
第37回じゆうせいさくコンテストのテーマは「ゆる楽器を作ろう」。8/1-8/31の期間で作品を投稿いただきました。

https://www.koov.io/notices/236

今回は世界ゆるミュージック協会とのコラボコンテスト。
金賞作品は、世界ゆるミュージック協会から「ゆる楽器」として公認されるということもあり、いつも以上にたくさんの力作が投稿されました!

厳正な審査の結果、受賞作は下記の作品に決定いたしました。

受賞作品

金賞: 「ゆる楽器」 色々→音色♪コンバータ
プレイヤー: minotto さん

銀賞: だれでもくちぶえ
プレイヤー: テツ さん

銅賞: 四味線で、東京スカパラダイスオーケストラ
プレイヤー: キン肉マン博士 テリーマン さん

審査総評:

 初めて触れる楽器で音楽を奏でるには、演奏方法を学んだり、リズムをとったり、などの難しさを乗り越える必要があるかと思います。また、初めて音を出すときは少し恥ずかしかったりもするのではないでしょうか。しかし、ブロックで楽器らしいかたちをつくり、音程やリズムはプログラムに任せてしまえば、楽器を持った人がすぐに音を楽しむことができてしまいます。
 今回のコンテストでは「誰でもすぐに演奏できるデザインの楽器であること」を評価の基準として受賞作品を選出しましたが、惜しくも受賞を逃した作品ひとつひとつからも音を楽しもうという気持ちがとても伝わってきました。ブロックで響きのいいかたちを作ったり、センサーを活用してその楽器でしか表現できない音をつくり出したり、あらゆる方法で音を研究し、プロさながらの演奏を披露しているプレイヤーまで見られました。
 KOOVアプリの「じゆうせいさく」では多様な表現力を持った名楽器が公開されているので、是非とも見ていただけると嬉しく思います。

チーフロボットデザイナー・イラストレーター
宮代 宇穂

入賞したみなさま、おめでとうございます!
入賞作品はコンテスト終了から一定期間「じゆうせいさく」のトップにて表彰していますので、コメントや「いいね」で盛り上げてくださいね。
またFacebookでも入賞作品を今後順次ご紹介していきます!
次回のテーマは、KOOVアプリ内及びKOOV公式サイトでお知らせします。
次回もたくさんのご応募、お待ちしております。