教育機関向けクラウドプラットフォームの開発を開始

LINEで送る

株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(代表取締役社長 礒津政明)は、網龍華漁教育・ELERNITY(NetDragon、本社中国福建省)と連携し、教育機関向けデータ管理プラットフォームの開発を開始しました。このプラットフォームの開発により、安全かつ効率的に教育データを管理、蓄積できる教育インフラの実現を目指します。
また、両社は本プラットフォームの開発を皮切りに将来的な事業連携の可能性を検討していきます。

デジタル中国での式典のようす

網龍華漁教育・ELERNITYは、2010年に教育業界に参入し、「教育を模索し、業界に認められた優れた製品を提供すること」をミッションとして掲げています。近年では、米国のエドテック企業 Edomodo社、英国の教育ICT Solution企業 Promethean社を傘下に置き、教育ICTの分野でグローバルに事業を展開しています。

ソニー・グローバルエデュケーションは、新しい時代に相応しい教育を常に追求しながら、次世代の教育インフラの構築を志向し、テクノロジーを活用して教育分野にイノベーションをもたらすことに挑戦してきました。本連携を通して、教育データを活用できる環境を整え、データ活用により子どもたちがそれぞれの個性に応じて最適な学びができるよう積極的に活動していきます。