じゆうせいさくコンテスト「夏のKOOVオリンピック」結果発表

LINEで送る

『ロボット・プログラミング学習キット KOOV®︎(クーブ)』には、アプリ内でユーザが自由に作品を公開できる「じゆうせいさく」機能があります。
じゆうせいさくコンテストは、この機能を使ってユーザが公開した作品から、テーマに沿った作品を選出、表彰するコンテストです。
第47回じゆうせいさくコンテストのテーマは「夏のKOOVオリンピック」。7/1-7/31の期間で作品を投稿いただきました。

https://www.koov.io/notices/286

今回もたくさんの力作の投稿、ありがとうございました!

厳正な審査の結果、受賞作は下記の作品に決定いたしました。

受賞作品

金賞: 陸上競技
プレイヤー: りん さん

銀賞: ねらいうち
プレイヤー: レオ さん

銅賞: 夏のオリンピック(サーフィン)
プレイヤー: コウシロウ さん

佳作: 【オリンピック】がんばれ日本〜日本を書く装置〜
プレイヤー: ゆずぽん さん

佳作: クロール
プレイヤー: たっくん さん

佳作: 体操日本 大車輪
プレイヤー: Aki さん

審査総評:

 東京オリンピックで話題になったピクトグラムは、言葉を使わず的確に伝えるためにものや事象の特徴を整理・選択して、図で表す手法です。これにはKOOVによる造形やプログラミングと共通するものがあります。

 KOOVブロックの多くは 2 x 2 x 2cm でできており、小さいとは言えない大きさのこのブロックを使って作品をかたちづくるためには、色やかたちなどの情報を「整理」し、ブロックを足したり引いたりしながら明快なかたちを探ります。一方で、プログラミングはロボットに狙った動きを伝えるために的確な文章を「選択」していく必要があります。

 プレイヤーは意図していないと思いますが、応募作品の多くはピクトグラムの手法がいかされ、簡潔な動きやかたちでも的確にイメージが伝わるすばらしい造形のものばかりでした。特に金銀銅の賞にえらばれた3名はブロックによる造形やブロック以外の使い方、そこに動きを加えるプログラミングスキルは驚くばかりです。
 ピクトグラムに限らず表現したいことが伝わるように試行錯誤することで、意外なスキルが身につくので、コンテスト外でも思い思いの題材をとりあげいろいろな手法を研究していただけると嬉しいですね。

チーフロボットデザイナー・イラストレーター
宮代 宇穂

入賞したみなさま、おめでとうございます!
入賞作品はコンテスト終了から一定期間「じゆうせいさく」のトップにて表彰していますので、コメントや「いいね」で盛り上げてくださいね。
またFacebookでも入賞作品を今後順次ご紹介していきます!
次回のテーマは、KOOVアプリ内及びKOOV公式サイトでお知らせします。
次回もたくさんのご応募、お待ちしております。