KOOVプログラミング講座体験のご案内

    体験授業に申し込む

    ※法人の方はこちら


KOOVのプログラミング教室で育む力

ソニー・グローバルエデュケーションは、子どもたちに、自分がつくる未来を想像し、未来にワクワクしてほしいといった思いから、KOOVを開発しました。
KOOVが大切にしたのは、試行錯誤を繰り返しながら、プログラミングを使って、1人ひとりが個性や創造力を発揮して、違う「カタチ」をつくることです。
答えが一つではない課題に対して、たくさん失敗して次の成功につなげる、そんな創造性とやり抜く力を育成する新しい時代の学びをご体験ください。

  1. 自分の頭で考え、個性を伸ばします
  2. ガイドの通りに制作を行うだけではなく、正解が1つではない課題に取り組みます。オリジナルのロボットを作る過程で、自分で問題を発見し、創造的に解決する力、発想する力が育まれます。

  3. 失敗から学び、やり抜く力を育てます
  4. プログラミングでは、たくさん失敗をします。その分、「どうやったら思い通りに動くんだろう?」と自発的に考え、試行錯誤し、思い通りに動かすことができた時には、達成感を味わうことができます。

  5. 学びに没頭する体験をします
  6. 自発的に考えることを促す教材や、触りたくなるデザインが、子どもたちの創作意欲を高めます。自発的に取り組み、学ぶ楽しさを知ることで、学ぶ姿勢の変化を促します。

  7. プログラミングを学びます
  8. 2020年から小学校でプログラミング教育が必修化される中、プログラミングを使って、ロボットを思い通りに動かすために、論理的に考える力(≒プログラミング的思考)を、先立って養うことができます。


学習の流れ

ブロックで「かたち」をつくり
「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて学んでいきます

ロボット組み立て

7色・7種類のシンプルなブロックと電子パーツを使って、「動き」を想像しながら、ロボットをつくります。


プログラミング

プログラミングブロックを積み重ねて、直感的にプログラミングを行います。端末操作に慣れていないお子さまでも、簡単にプログラミングの基礎が身につきます。


動作確認

意図した通りにロボットが動いたかどうかを確認します。ブロックでつくった造形とプログラムを確認し、試行錯誤を繰り返します。


授業例

テーマ例: 机の上のブロックをたくさん落とせる「雪かきマシーン」を自由につくろう

保護者さまの声

Q. 教室に通わせようと思った理由やきっかけをお聞かせください。
同級生のお母さんからP塾を紹介いただき、子どもには最初は楽しみながらプログラミングを勉強してもらえたらと思い通い始めました。
Q. お子さまの様子はいかがですか?
月2回の授業ですが、P塾に来るのが楽しくて、「今日授業でこんなことやった!あんなことやった!」と家でも話しているくらい、本人は楽しんでいるので通わせて良かったな、と思います。通知機能により、子どもが制作したロボットを確認できるのを楽しみにしています。
Q. 教室に期待していることを教えてください。
単に言われたことをやるのではなく、なぜこうなったのか、次はどうすれば良いのか、と自分で考えることを身につけてもらいたいと思っています。


導入実績

個別指導Axis様

トライグループ様


よくあるご質問

Q. 入会・体験の対象は?
教室によって異なりますので、お申し込みページをご参照ください。
Q. 体験授業は無料なの?
多くの教室では無料です。一部、有料の教室もございます。
Q. 1回の体験会にかかる時間は?
教室によって異なりますが、多くの教室では60分〜120分程度です。
Q. 体験会は何曜日にあるの?
教室によって異なりますので、先生方とご調整ください。
Q. このWebページから、体験会に申し込むとどうなるの?
ご入力された情報は、弊社とお申し込みいただいた教室だけに共有されます。
教室より5営業日以内に連絡いたしますので、具体的な日程調整をお願いいたします。
Q. 入会する場合の教材費用や初期費用はいくらですか?
教室によって異なりますので、各教室にお問い合わせください。


    体験授業に申し込む

    ※法人の方はこちら



KOOV ユーザーを対象に、KOOVの世界大会を開催しています。2018年度は、日本と中国から、たくさんの仲間が、ソニー本社に集まり、アイデアいっぱいのオリジナルのロボットを発表しました。


ソニー・グローバルエデュケーション
代表 礒津政明からメッセージ

人工知能を中心とした著しい技術革新により、定型的な人間の仕事がコンピュータに置き換えられようとしています。このような環境で人間はより創造的に振る舞う必要があり、子どもたちが社会で生き抜く力を身につけるための教育は、従来とは全く違うものになります。例えば、日本の大学入試では、答えの決まったテストで良い点数を取った人が入学できるという方針から、一人ひとりが個性を発揮して、その人にしかない能力を評価する方針に変わろうとしています。未来を生きる子どもたちは、多様な価値観をもち、自発的に学び、創造的かつ積極的に行動しながら、テクノロジーと共生することが求められます。

KOOVでは、カラフルなブロックを組み立てながら、プログラミングで動きを与え、一人ひとりが違う「かたち」をつくれることをコンセプトにしています。試行錯誤を繰り返すことでいろいろなアイデアが生まれ、創造的な考え方を育んでいく教材です。答えが一つではない課題に対して、一人ひとりが個性的な答えを出し、それが評価される社会になりつつある今、子どもたちにはできるだけたくさんの課題を与え、早く失敗してもらう。そして失敗しから多くを学んで次の成長に繋げる、そんな創造性と「やり抜く力」をKOOVを使ったプログラミング教室で身につけてもらいたいと願っています。

(株) ソニー・グローバルエデュケーション

代表取締役社長 礒津 政明

1998年東京工業大学卒業。2000年同大学院修了、ソニー株式会社入社。ソフトウェア、ネットワーク、ウェブ関連の研究開発に従事。2015年株式会社ソニー・グローバルエデュケーションを設立、現職に就く。2016年5月文科省「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」委員に就任し、「プログラミング的思考」を提唱する。教育者向けイベント、教育シンポジウム・学会、ブロックチェーン技術イベントでの講演多数。


アワード受賞歴

  • 日本e-Learning大賞・IMS Japan賞
  • KOOV for Enterpriseが、一般社団法人e-Learning Initiative Japanの主催する第15回日本e-Learning大賞(最優秀賞)を受賞し、さらに第3回IMS Japan賞最優秀賞を同時受賞するという栄誉にあずかりました。

  • グッドデザイン賞
  • 公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2016年度グッドデザイン賞において、ロボット・プログラミング学習キット KOOVが、2016年度グッドデザイン金賞を受賞いたしました。

  • iFデザイン賞
  • 「iFデザイン賞 2017」を受賞しました。iFデザイン賞は、世界的にもっとも権威のあるデザイン賞のひとつとして知られています。 今回KOOV™は「子どもたちの探究心をくすぐり、性別を超えて自ら楽しむことのできる製品」としてエントリーし、世界59カ国、5,500件を超える応募の中から選出されました。